読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

かたけん つれづれ日記

大工あがりの頑固おやじが造る こだわりの木の家

一本の杉から始まった家づくり見学会

ちょっと涼しく過ごしやすくなり
秋を感じるようになりましたね。



22日(土)、23日(日)の2日間
三和区にて完成見学会を行ないました。
たくさんの方にご来場いただき
ありがとうございました。



樹齢130年の木を
きれいな木目のものは和室に使用して
その他のところは
床板、腰板、食品庫など
『適材適所』に使用しました。



いつもは
お客様の大切なお家なので
見学いただく際は
靴下の着用をお願いしているのですが
今回は
施主様が『杉の床の感触を裸足で是非体感していただきたい。』と
ありがたいご提案をいただきました。



靴下一枚ですが
はいているのと履いていないのとでは
全然感じが違います。
無垢ってどんな感じ???
実際体感してみたいですよね(^^)



施主様のご好意に甘えて
『裸足の見学会』をさせていただきました!!



玄関でお客様に裸足をお勧めすると・・・

え"ッ?!

と一瞬面食らっていらっしゃいましたが
いざ素足で床を歩くと・・・




『気持ちいいね〜♪』



1階の床は『杉』で
中2階、2階の床は『栗』だったので

『なんか違う?』
『杉ってやわらかいんだね』

と、その感触の違いも体感していただけました。



これ!なんだかわかります???

これは『床磨きスリッパ』♪
施主さまが中に米ぬかを入れて
足が入るようにスリッパ風に仕上げて
運動しながら床を磨ける優れものなんです!!
これいい!!
無垢の床のお客様におすすめしようっと。(^o^)/



そして
こちらのお宅はエアコンをつけていません。
暑い日が続いていたので
大丈夫か心配していたのですが
心配は無用でした(^.^)

冬の暖房は薪ストーブで家全体を暖められるように
吹き抜けや部屋間に窓を設けてあるので
とっても風通しがいい♪
これならエアコンいらないわ。と納得。
自然の風で夏を過ごせたらいいですよねぇ



きっと冬も薪ストーブを焚いて
あったかくて
いいかんじなんだろうなぁ♪
アンティークの家具もとっても素敵なお家でした。